注文住宅はどんな場所に建てるかもポイントです。希望通りの家になったとしても、暮らしにくい所では不満が出てきます。ここでは田舎と都会、それぞれに建築する場合の知っておくべき点や選び方のポイントなどを紹介します。これから注文住宅を建てる人は参考にしてください。

都会に建てる注文住宅

都会は交通網も商業施設も充実しているので、家を建てるにも人気です。とは言えデメリットもあるので、土地を選ぶときには慎重に考えたいものです。都会に注文住宅を建築する際の役立つ情報や知識についてお伝えします。

  • 壁で音を遮断する

    注文住宅で、トイレの壁を防音にすると、快適にトイレを使用することができます。一緒に暮らしている人であっても、トイレを使用する時の音を聞かれたくないという人は大勢いるでしょう。また、誰かがトイレを使…

    Read more
  • 設置場所と流す音

    注文住宅で要望の多いのがトイレの防音対策です。トイレ中の音を家族でも聞かれたくないといった人は多く、防音に優れた壁やドアを望む人もいるようです。トイレの設置場所によっても音の響き方というのは異なる…

    Read more

田舎に建てる注文住宅

近年、老後に田舎暮らしをする人も増えています。それにあたって注文住宅を田舎に構えるケースも見られます。のどかで空気の良い田舎に家を建てるときに、どのような点に留意すれば良いのでしょうか。失敗しないための知識を見ていきましょう。

  • 内以外に外の音も防げる

    注文住宅でピアノ防音出来る部屋を作るメリットは色々あります。まず何と言ってもピアノの音漏れを気にせず思いっきり練習する事が出来るという点です。プロが演奏するような音色であれば問題ないかもしれません…

    Read more
  • コスト増と外部との遮断

    注文住宅を建設する時に、周囲を気にせずに趣味のピアノ演奏を楽しみたいという理由で防音室を作る人もいます。家に防音室を取り入れる大きなデメリットが、コストの高さです。防音室は文字通り、室内の音を外に…

    Read more
  • ピアノの音を漏らさない

    楽器演奏は今も昔も人気の習い事で、中でもピアノは多くの人が習っています。ただピアノは他の楽器と違いかなり大きく音も響くため、家を建てる段階で設置場所や防音について考える必要があります。特に防音は近…

    Read more

防音対策はしっかり行う

トイレは意外と音が発生する

注文住宅を作るときは、デザインや間取りを重視しがちですが音の問題についても良く考えておく必要があります。寝室や階下への遮音や防音は意識しやすいですが、意外とトイレは忘れがちです。トイレでは、用を足す音だけではなく水を流すときの音、さらにトイレットペーパーを巻き取る音やドアの開け閉めなど様々な音が発生します。トイレの音は家族でも恥ずかしく感じますし、来客が来た際も、気を使わせる可能性があります。安心してトイレを使用するために、音の問題はしっかりと考えておきたいところです。特にリビングは人が集まりやすい場所ですので、トイレとリビングを離して作るなどの工夫はしておきたいものです。あとからリフォームをすると余計な費用も発生しますので、建築前に防音対策を考えておきましょう。

プロの意見も参考にしよう

注文住宅を建てるときは、業者と打ち合わせを何度も行うことになります。このときに、トイレの音についても相談しておきましょう。専門業者は多くの工事を経験していることもあり、プロならではの的確なアドバイスも期待できます。トイレの音を防ぐ方法としては、床や壁材を防音性の高いものにするということがあげられます。それから、ドアを設置するときも防音性の高いドアを選んでおくとより安心です。便器にも色々な種類がありますが、流水音が静かな便器もありますので、そうしたタイプを選ぶこともおすすめです。流水音が静かなトイレは、節水効果に優れているものも多くなっています。トイレ用の擬音装置は、比較的安く設置できますので、こうした機器の導入も検討してみましょう。